桜田義孝・五輪大臣が池江璃花子に「がっかり」と失言で辞任か?過去の失言を紹介。

こんにちは、ロメシです。

2019年2月12日 競泳女子の日本代表で、2020年の東京オリンピックの金メダル最有力候補として大躍進している池江璃花子さんが、白血病であることを公表しました。

その衝撃の告白は日本全国だけでなく、あっという間に世界各国へニュースとなって広がっています。池江璃花子さん自身も、白血病という病と闘うことを決意したようで、その前向きな気持ちに各界から応援メッセージが届けられています。

そんな中、2020年の東京オリンピックの牽引役として就任された、桜田義孝オリンピック・パラリンピック担当大臣のコメントが波紋をよんでいます!

その桜田義孝大臣ですが、過去にも波紋をよぶような失言の数々を繰り返されており、今回の池江璃花子さんに対しての失言によって、自身の立場も危ぶまれるのでは?という声も聞かれるほどです。

ということで今回は、桜田義孝大臣の池江璃花子さんに対する失言や過去の失言について迫ってみたいと思います!

池江璃花子(いけえりかこ)の復帰時期はいつ?白血病からカムバックした芸能人(有名人)から治療期間を調査!



【動画】桜田五輪相が「オリンピックが下火にならないか心配・・・」と失言!

2月12日、twitterで白血病であることを告白した池江璃花子さんには日本中がビックリしましたが、それに対しての各界からの応援メッセージの多さにもビックリしました!

各界からの応援メッセージ!

◆鈴木大地・スポーツ庁長官

『世界の大会で実績を挙げて自信を積んで2020年の本番を迎えるのが理想だと思うが、ことしの世界大会には出場できなくなると思うのでしっかり治療に専念して、1日も早く回復されることを願っている。そしてまた元気な泳ぎを見せてもらいたい。彼女は日本チームのエースになってきているのでチーム全体に与える影響も大きいが、本人が健康になるのがいちばんだと思うし、選手たちは、彼女の思いを抱きながらしっかり頑張っていってほしい』

さすが!元競泳男子日本代表で、ソウルオリンピックの金メダリストだけあって、後輩を思いやったとても温かいコメントですよね!

 

◆萩野公介選手

すごくビックリした。僕たちにできることは一生懸命頑張って、池江選手にいいニュースを届けることだと思う。池江選手は頑張り屋さんでレースにも自分を持って臨むすばらしい選手だ。東京オリンピックもあきらめるわけではないと思うので、一緒に頑張っていきたい』

こちらも競泳のオリンピック金メダリストであり、2020年の東京オリンピックに向けて、ともに切磋琢磨してきた仲間であるからこそ言えるとても重みのあるコメント!

 

◆サラ・ショーストロム選手

View this post on Instagram

My eyes are filled with tears when I read the news about my friend @ikee.rikako being diagnosed with leukaemia. Sending all my strength and love to you!

‍♀️さん(@sarahsjostrom)がシェアした投稿 –

私の友人である池江選手が白血病と診断されたというニュースを読み、私の目は涙でいっぱいです。私のすべての力と愛をあなたに送ります』と自身のInstagramに、池江璃花子さんとの写真などをメッセージとともに投稿しています。

リオデジャネイロオリンピックの金メダリストで、バタフライと自由形で4つの世界記録を持つ偉大な選手が涙してコメントするほど、池江璃花子さんの存在は大きかったのだと実感させられます!

◆宇野昌磨選手

男子フィギュアスケートの宇野昌磨選手はこのようにコメント!

『けがや病気は、周りの人が思うよりも本人がいちばん苦しんでいると思うし、自分が過去にけがをしたとき、ポジティブに考えようとしても難しかった。本人がいちばんつらい思いをしている中、自分が無知な状態で発言する権利はないと思う』

 

◆紀平梨花選手

同じく、女子フィギュアスケートの紀平梨花選手はこのようにコメントしています。

池江選手は競技をやっている仲間、先輩だ。スポーツが好きな気持ちを大事にして頑張ってほしい』

 

◆JOC竹田恒和会長

『非常に驚いている。去年のアジア大会で史上最高となる6個の金メダルを獲得し、MVPに輝くなど今後に向けてさらなる活躍を期待していたところだった。早期に発見できたということなので、まずはしっかり休養をとり、治療に専念していただきたい。そして持ち前の精神力で、1日も早く皆さんに元気な姿を見せてくれることを願っている』

自身も現在、問題の渦中にありますが、さすがJOC会長と思わせる素晴らしいコメント。

 

このように各界から続々と応援メッセージが寄せされている中、お一人だけ「んん??」と思ってしまうコメントを出された方がいるんです・・・


桜田義孝・五輪担当大臣のコメント動画!

続々と寄せられる各界の方たちの応援メッセージの多さにビックリでしたが、私が一番ビックリしたのが、オリンピック・パラリンピック担当大臣を務めている桜田義孝さんのコメントでした・・・

『金メダル候補で、日本が本当に期待している選手なので、がっかりしている。早く治療に専念して頑張ってもらいたい。また、元気な姿を見たい。1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している

何度も読み返しましたが、どうしても引っかかる部分がありまして・・・

皆様はどのように感じましたでしょうか。

中には何もひっかからない方もいるでしょうが、桜田義孝大臣のこのコメントに、ネット上では批判のコメントが続出しているんです!

とまあ、池江璃花子さんへの応援コメントも続々と寄せられていますが、桜田義孝大臣への批判コメントも同じくらい寄せられちゃっているんです^^;

そしてこの桜田義孝・五輪担当大臣のことを調べてみると・・・同じような失言が出てくる出てくる!

ということで、次は桜田義孝・五輪担当大臣の過去の失言について迫ってみたいと思います!

桜田五輪相の過去の失言がヒドイ!

人が住めなくなった福島

2013年10月、東日本大震災で起こった福島第一原子力発電所事故で発生した廃棄物処理について『原発事故で人の住めなくなった福島の東京電力の施設に置けばいい』と発言。

慌てて「福島県全体を指したものではない」と言い訳しましたが、世間の批判が殺到し、当時の下村博文・文部科学大臣に口頭で注意を受けるなどお灸を据えられています。

慰安婦は職業としての娼婦

お灸を据えられて反省したはずでしたが、2016年にはまた以下のような失言をしてしまうんです・・・

従軍慰安婦のことに言及された際に『職業としての売春婦だった。それを犠牲者だったかのようにしている宣伝工作に惑わされすぎだ』と発言。さすがにこれはマズかったと思ったのか、その日のうちに撤回しています。

1500億円を1500円

まだまだ続きますよ! 2018年11月の参議院予算委員会で、立憲民主党の蓮舫議員から質問された「東京オリンピックのコンセプト」を即答できず、事務方の助けを借りてしどろもどろな回答をしています。

さらにその予算に国の負担分を問われると、「1500億円」と言うところを「1500円」といい間違えてしまいます^^;

しかし後で分析してみると「1500億円」ではなく、「1700億円」が正しいというオチまでつけてしまいました!

蓮舫(れんぽう)議員?

こちらも2018年11月の閣議の後の記者会見の中で、立憲民主党の蓮舫(れんほう)議員のことを、「れんぽう」と言い間違えるというか、「れんぽう」だと思っていたんでしょうね・・・

上記の参議院予算委員会の中での同じ間違いをしていましたから!

もうここまで来ると、救いようがないですよね!基本的なことができていませんし、大臣としてだけではなく、議員としての資質も疑わざるを得ません。

その他にも、失言ではないのですが驚きの発言をされています!

パソコンは打たない・・・USBわからない・・・

同じく2018年11月の衆院内閣委員会の中で、「国民目線に立ったサイバーセキュリティー対策をしっかりと実施することが、私の大きな役割の1つと認識」と発言しましたが

「自分でパソコンは使っている?との質問に、『そういうことは、常に従業員や秘書に指示することでやっている。自分でパソコンを打つことはありません』とコメント!

また国民民主党の議員から「USBメモリーを使ったイラン核施設サイバー攻撃事件」について例を挙げ質問がありました。

その際「日本の原発にUSBジャックはあるのか?」との問いに、『(USBを)使う場合は穴を入れるらしいですけど、細かいことは私はよくわかりませんので、専門家に答えさせます』と回答。

この今のネット社会において、パソコンのことをこれだけ知らないことは、一般の企業であれば問題というより採用しないでしょうし、甚だ時代錯誤としか思えません!

桜田義孝・五輪大臣が池江璃花子に「がっかり」と失言で辞任か?過去の失言を紹介。

桜田義孝・五輪担当大臣について調べてみましたが、思っていた以上に失言や問題発言が多いことがわかり、ますます大臣としての資質を疑わざるを得ません!

そしてこれから桜田義孝大臣がどのような処分を受けるのか、それともお咎めなしなのか・・・

今後の去就についても注目したいと思います!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です