池江璃花子(いけえりかこ)の復帰時期はいつ?白血病からカムバックした芸能人(有名人)から治療期間を調査!

こんにちは、ロメシです。

競泳女子の日本代表で数々の日本記録を樹立され、2020年の東京オリンピックではメダルの獲得が期待されている池江璃花子さんが、自身のtwitterで「白血病」であることを告白されました。

この衝撃の告白は日本全国だけでなく、世界のメディアも取り上げるほどの大ニュースとなっています。池江璃花子さん本人は、まずは治療に専念するとツイートされておりますが、気になるのが「白血病」の状況や目標としていた東京オリンピックに間に合うのか?ということ。

ということで今回は、池江璃花子さんの現在の様子や異変に気がついた経緯、さらには治療期間について、過去に白血病になって復帰を果たした芸能人の例について調べてみました!

池江璃花子がtwitterで白血病を発表。異変はいつから?

日本水泳連盟が記者会見

突然のtwitterでの報告に日本中が驚いたことと思います!

競泳女子で、2020年・東京オリンピックの金メダル最有力候補として活躍中の池江璃花子さんが、2019年2月12日、自身のtwitter上で「白血病」との診断を受けたことを告白されました!

ご報告です。応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。

日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、『白血病』という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療すれば完治する病気でもあります。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は、少し休養を取り治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。

池江璃花子twitterより

突然の告白にネットやテレビ、新聞などの全てのメディアが驚いたのではないでしょうか。そして池江璃花子さん自身が一番驚いていることが、このtwitterのコメントから読み取れます。

まだ若干18歳という年齢・・・しかも競泳選手としては、来年2020年に念願だった東京オリンピックが控えているこのタイミングで、「白血病」という病におかされてしまうことに池江璃花子さんの心境を考えると、どのような声をかけてよいのか迷ってしまいます。

 

そして2019年2月12日の夕方から開かれた日本水泳連盟の記者会見には、池江璃花子さんが所属している「ルネサンス株式会社」から、代表取締役社長・吉田正昭さんと池江璃花子さんの担当コーチである三木二郎さんが同席しての会見となりました。

この30分程の記者会見の中で、「白血病」が明らかになった経緯や、池江璃花子さんの現在の様子や今後の活動についての説明がされています。

そして今回参加中であったオーストラリア合宿において、池江璃花子さんが今までにない異常な状態であったことも報告されています。

オーストラリアの合宿でいつもと違って肩で呼吸。

この記者会見に同席された、ルネサンス株式会社の三木二郎コーチから驚きの報告がされました!

池江選手が所属するスイミングクラブの吉田正昭社長は「先月18日から今月10日の予定でオーストラリア・ゴールドコーストでの合宿の練習中に体調不良を訴え予定より2日早めて帰国した。病院で検査を受けて発覚したが、早期発見できたと報告があった」と話しました。

池江選手を指導する三木二郎コーチは記者会見で、「池江選手はオーストラリアでの合宿中に今まで見たことない、肩で呼吸する場面があった。現地で検査し、その結果、再検査した方がいいと説明を受けた。帰国してからは2月8日に日本の病院で再検査して白血病と診断された。私自身非常にびっくりしている。本人のやる気とモチベーション、病気を治そうと立ち向かう姿勢には頭が下がる。温かく見守ってほしいという思いだ」と話しました。

NHK NEWS WEBより

この「白血病」との診断も驚きでしたが、病名が判明した後、池江璃花子さんが1時間もかからないうちに前向きになっていたことや、いち早く病名を発表することを池江璃花子さん自身が希望していたということの方が驚きで、この「白血病」という病と闘う強い決意が伝わってきました。

異変の始まりは?本当に早期発見なのか?

今回の記者会見の中で三木二郎コーチが、「合宿前の大会であまりいい記録ではなかった・・・」「疲れていたので、疲れがとれればまた戻るのでは・・・」と話されていました!またトレーニング以外のところでの異変に関しても、「全くなかった!」と断言されています。

池江璃花子さんとは寝食をともにするくらい、一番近い存在であったであろう三木二郎コーチが気がつかなかったのですから、今回の「白血病」の発見も早期発見といってよいのではないでしょうか。

また、日本水泳連盟の上野広治副会長が、「通常の生活で発見できなかった状況だった」「彼女(池江璃花子さん)が水泳をしていたから異変を感じ疑いをかけた」とも話されており、そのことについても一理あるのではと感じました!

 

いずれにしても、今回「白血病」という病にかかってしまったことはとても残念ですが、池江璃花子さんが異変をいち早く察知してそれをコーチに相談したこと、そしてその異変に対してすぐに地元の病院の検査に行かせ、この本当に大切な時期に、合宿を切りあげて帰国させるという判断をした三木二郎コーチ。

この二人の信頼関係が生んだ、まさにファインプレーだと思います。
そして、池江璃花子さんと三木二郎コーチの固い絆が垣間見れる動画がコチラです!


池江璃花子さんが2018年に大躍進できた理由が、5月から就任した三木二郎コーチのおかげだということがヒシヒシと伝わってきます!

特に印象的だったのが、池江璃花子さんが「ここまで来たなら自分もコーチにメダルを獲らせてあげたいと思う」と話されている場面で、ぜひこの言葉を現実のものとする為に、いまは白血病の治療に専念してもらいたいと思います!

白血病から復帰した有名人まとめ。東京オリンピックに間に合う?

池江璃花子さんは現在入院中で、これから白血病の治療にあたるわけですが、気になるのはその治療期間がどれほど長くかかるのか?そして、2020年の東京オリンピックの出場に間に合うのか?といったことですよね。

ただこればかりは医師でもわからないことでしょうし、本人やコーチにしてみれば「なんとか東京オリンピックに間に合わせたい!」という気持ちは誰よりも強いはず!

ということで次は、池江璃花子さんと三木二郎コーチへの応援の意味を込めて、今までに白血病という病から復帰された芸能人について調べてみました!

渡辺謙さん

 

 

View this post on Instagram

 

🐯渡辺謙さん… 原口へエール❗️👍 「強い気持ちで」 : #阪神タイガース #渡辺謙 #原口文仁 記事デイリーさん

totapon2さん(@totapon2)がシェアした投稿 –

白血病から復帰された代表的な芸能人として、まず名前が挙がってくるのが俳優の渡辺謙さん。1989年に映画初主演に抜擢されて『天と地と』の撮影中に、急性骨髄性白血病を発症し降板。

約1年の闘病の末に復帰するが、1994年に再発。その後も病魔と闘い、2003年には映画『ラストサムライ』に出演。それをキッカケにその後も、ハリウッドを舞台に大活躍されています!

この白血病と診断された時の心境は痛いほどわかるのでしょう。池江璃花子さんの告白を受けて、渡辺謙さん自身がtwitterでこのような応援コメントをされています!

市川團十郎さん

2004年5月に、息子の市川海老蔵さんが11代目を襲名した披露公演の最中に急性骨髄球性白血病との診断を受ける。当時は57歳。本格復帰を果たした際に開いた記者会見で白血病を大嵐に例えたコメントが印象に残っています!


浅野史郎さん

2005年当時、宮城県知事だった浅野史郎さん。難治性の成人T細胞白血病に感染していることが判明。当初は治療の必要がないと判断されましたが、2009年に悪性度の高い急性型に転化し治療を開始しました。

その後、2009年10月には完治を目指して骨髄バンクを介して骨髄移植を実施。予後は良好で、2010年2月には退院し、2013年には神奈川大学の教壇にも復帰されています。

吉井怜さん

 

2000年、奄美大島でのグラビア撮影中に急性骨髄性白血病を発症。当時は池江璃花子さんと同じ18歳。この吉井怜さんは、一度は骨髄移植を拒否するも家族からの勧めで、2001年に骨髄移植を受けています。

吉井怜さんの闘病記は本として出版されベストセラーになったり、ドラマ化されるなど、とても苦しい経験だったとは思いますが、吉井怜さんの復帰を後押しするものになったことは間違いありません。

2016年には、俳優の山崎樹範さんと結婚され、公私共に充実した生活をされていると雑誌のインタビューで語られています!

池江璃花子(いけえりかこ)の復帰時期はいつ?白血病からカムバックした芸能人(有名人)から治療期間を調査!のまとめ

今回白血病を告白した池江璃花子さんですが、白血病の状況や今後どのような治療をするのかなどの詳細はまだ発表されておらず、治療期間がどの程度になるのかは全くわかりません。

ただこうした白血病から復帰した有名人や一般の方の経験談を調べてみると、ある一定期間は治療に専念せざるを得ないことは共通しており、東京オリンピックまであと1年半を切ったこの時期にから治療に入るということは、池江璃花子さんやコーチが計画していたスケジュールが大幅に崩れることは想像に難くありません。

ただ今までも数々のキセキを起こしてきた池江璃花子さんですし、治療に対しても前向きになっているという気持ちを後押ししてあげることが、我々ができる一番の治療になるのではないかと思います!

ぜひこのキセキを起こしてくれることを願っています!

桜田義孝・五輪大臣が池江璃花子に「がっかり」と失言で辞任か?過去の失言を紹介。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です