藤枝亮一の年収やプロフィール・顔画像が判明。すしざんまいの場所と値段も調査!

こんにちは、ロメシです。

東京都江東区の豊洲市場で1月5日早朝に
築地市場から移転後はじめての新春初競り
行なわれました。

毎年話題となるマグロの初競りは
過去最高額となる3億3360万円
競り落とされました!

1キロあたり120万円という驚きの値段とともに
話題となっているのが、その最高額のマグロを釣り上げた
藤枝亮一さんという漁師さんです。

ということで今回は藤枝亮一さんの
気になる年収や顔画像について
迫ってみたいと思います!

過去最高額の3億3360万円で落札したのはすしざんまい!

278キロの大間のクロマグロ!

 

昨年10月に開場した豊洲市場(東京都江東区)が旧築地市場(中央区)から移転して初の新年を迎え、5日早朝、今年最初の取引となる「初競り」が開かれた。都によると、278キロの青森県大間産クロマグロが3億3360万円の最高額で落札された。東京の中央卸売市場で記録が残る1999年以降、最も高値となった。

日刊スポーツより

今までの過去最高額は2013年に競り落とされた
1億5540万円ですから、一気に2倍以上の
記録更新となりました!

平成最後」「豊洲市場初」でしたからご祝儀的な
意味もあったのかもしれませんね。

すしざんまいが落札!

そして過去最高額で競り落としたのが
皆さんもご存知の「すしざんまい」さんでした!

毎年この時期になると風物詩のように登場される
「すしざんまい」の木村清社長。
昨年は7年ぶりに逃した最高額落札でしたので
今回はかなり気合が入っていたのがこの満面の笑みから
伝わってきますね(^^)


重さ278キロのクロマグロを3億3360万円で競り落としたのは東京 築地に本社があるすしチェーン店でした。

競りのあと木村清社長は「ここまでの値段になるとは思わなかったですが、買ったマグロは最高です。身の太り方はおいしそうで、鮮度も抜群のいいマグロを買えました。お客さんにいいマグロを食べてもらいたい」と話していました。

豊洲市場の初競りを前に、マグロを専門に扱う水産仲卸業者は「豊洲にまだ慣れていない中で初競りを迎えますが、リーズナブルな値段でマグロを提供できたらいいと思います」と話していました。

別の水産仲卸業者は「初めて豊洲で迎える初競りなので楽しみにしています。来年もこの豊洲で新年を迎えられるようにこの1年頑張っていきたい」と話していました。

NHK NEWS WEBより

お客様にいいマグロを食べてもらいたい」と
木村社長が言っていましたので例年通り
築地の本店で超格安で提供されるのでしょう!
値段についてはまだ判明していませんが
普段では絶対に食べられない超高級マグロですから
これを新年から食べられたら縁起がいいですね!

藤枝亮一のwikiプロフィールを調査。年収がヤバイ!

プロフィール


こちらが初競りで過去最高額のマグロを
釣り上げた藤枝亮一さんです。

日本最強の漁師と異名を持つ藤枝さんですが
とはいえやはり一般の方ですからあまり細かい
情報までは調べられませんでした^^;

 

名前:藤枝 亮一(ふじえだ りょういち)
年齢:64歳
職業:マグロ漁師
船名:第二十八光明丸

 

63歳でまだまだ現役マグロ漁師として
活躍されているだけでなく
そのレベルも「日本最強」とメディアにも
登場するほどですから青森の大間では
一目置かれる存在だとか。亡くなられた松方弘樹さんの相棒として
数々の荒波の揉まれて鍛え上げられた腕が
ココで花開いたんでしょうね!
もともとマグロの仲買人をしていた藤枝さんの
漁師としてのキャリアはまだ19年ほど
漁師になって人生が変わったでしょうし
今回の過去最高額のマグロを釣り上げたことで
またまた人生が大きく変わるでしょう。

気になる年収は?

テレビでよく見るマグロ漁師のお仕事ですが
大物マグロが釣れたときの感動はハンパないですが
釣れなかったときの方が多いようで
ある意味ギャンブル的なお仕事なのだとか。

サラリーマンのように年収という基準がないようで
ホントの成果主義の世界なんです!

しかしマグロを1本釣り上げると
大物であれば1キロ数万円の値段がつくこともあり
100キロを超える大物であれば相当な値段がつきますね!

仮に1キロ3万円として、100キロのマグロでしたら
300万円!

1回の漁で300万円が手に入るわけですから
サラリーマンからしてみたら夢のある仕事ですね!
もちろんマグロを釣り上げるのは命がけですから
それなりのリスクもあるでしょうが・・・

そして今回釣り上げられた278キロ
超大物クロマグロは3億3360万円
値がついたわけですから年収なんて世界ではなく
一生分の収入になったでしょうね!

藤枝亮一さんの手元に残るのはいくら?3億3360万円の内訳は?

税金はなんとビックリ!

今回の吉報を自宅で聞いた藤枝さんは
額が大きくて桁が間違っているんじゃないかと思った。
まだ実感が湧かない」と話されていたとか。

そして気になるのは史上最高額の3億3360万円のうち
藤枝さんの手元に残るのはいくらか?ですよね。

 

ということで調べたところ・・・
所属している漁業組合豊洲市場に手数料が取られ
さらに税金がや経費が引かれたものが最終的に
藤枝さんの手元に残る額になります。

・大間漁協:4%(約1334万円)
・青森県漁業組合:1.5%(約500万円)
・豊洲市場の手数料:5.5%(約1834万円)

 

と手数料だけで3700万円くらいが引かれてしまいますが
残りの約2億9000万円が藤枝さんの取り分となります。

ただ所得税などの税金を約40%(1億3440万円)
納付することになるため、実際に手にする額は
約1億7800万円になるとのこと。

世間の反応は?

いやー!
ホントに人生変わっちゃうでしょうし
宝くじと違って名前も顔もバレてますから
これからの生活が一変すること間違いなしですね。

それでも藤枝さんは日本最強の漁師として
まだまだ活躍されるでしょうし
これからの活躍や来年の初競りにも
注目したいと思います!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です