【新海誠監督】天気の子のあらすじやタイトルの意味を調査!声優キャストや主題歌とそのアーティストも。

こんにちは、ロメシです。

映画『君の名は。』から3年。
誰もが待ちわびていた新海誠監督の最新作
天気の子』が来年夏に劇場公開されると
制作発表がありました!

早くも話題になっているあらすじや声優キャスト
気になる主題歌やそのアーティストについて
調べてみました!

新海監督の最新作映画『天気の子』の制作発表


2016年に大ヒットした『君の名は。』の新海誠監督
3年の時を経て、新作映画『天気の子』を
公開することを発表しましたね。

12月13日に行なわれた制作発表の記者会見では
その内容について説明されていました!

夜のニュースで取り上げられるくらい
早くも話題になっています!

来年の夏が待ち遠しい!!

『天気の子』のあらすじやタイトルの意味を調査!

あらすじについて

気になるあらすじについては
公式HPになりました!

「あの光の中に、行ってみたかった」

高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、
怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。

彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。

ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。

「ねぇ、今から晴れるよ」

少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。
それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――

『天気の子』公式HPより

高校1年生の「帆高」という主人公と
天気を好きなように操れる「陽菜」という
少女がおりなすラブストーリー。

タイトルにもある通り「天気」にまつわる
どんな展開が待っているのか楽しみです!

タイトルの意味について

こちらも気になるタイトルですが
ヒントはポスターにある「積乱雲」にあるのだとか。

また新海監督はこのように語っています。

次回作の映画を考える時に
誰もが自分の話だと思えるテーマ」という
コンセプトで考え始めたのだとか。

そこで出てきたのが『天気』というテーマ。

・天気予報の恋人
・天気予報の君

などのタイトル案があった中で
プロデューサーの川村元気さん
提案した『天気の子』になったということでした。

そしてネットではこんな考察まで!

たしかに「君の名は。」と
相通づるものがありますよね!

声優キャストや主題歌とそのアーティストも調査

声優キャストについて

前回作の「君の名は。」で声優をつとめた
神木隆之介さん上白石萌音さんのどちらも
大活躍されていますから

今回の声優キャストに誰が選ばれるかも
注目の的でした!

今回発表されたキャストは2人。

・森嶋帆高役:醍醐虎汰朗さん
・天野陽菜役:森七菜さん

まだ初々しい感じのお二人ですが、実は・・・

醍醐虎汰朗さんは
舞台版の「弱虫ペダル」で主演をしたことがあり

森七菜さんは
ドラマ「獣になれない私たち」で田中美佐子さんの
独身時代役で出演されている女優さんのようです。

 

ですので記者会見では新海監督よりも
堂々とされていたようです^^;

主題歌とそのアーティストについて

現在の段階で主題歌やアーティストについては発表されていません。

前回作『君の名は。』では
RADWIMPSの「前前前世」があまりにも印象的でしたし
今回の主題歌やアーティストが誰になるのかも
楽しみですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です