貴大将の親戚は松木安太郎?実家はうなぎ屋?ツイッターで調査!

こんにちは、ロメシです。

またもや起きてしまった相撲界の暴力騒動・・・
しかも昨年話題となった日馬富士暴力問題
被害者であった「貴ノ岩」が今回の加害者
といいますから呆れてしまいました。

またもや良くない話題で相撲界が賑やかに
なってしまいましたね。

今回は被害者となった貴ノ岩の弟子である
貴大将」について調べてみたところ
親戚に有名人がいたり
実家が有名な鰻屋さんという噂まで・・・

気になる「貴大将」について調べてみました!

柊斗(しゅうと)という名前と松木安太郎は関係あるのか?

貴大将(たかたいしょう)のプロフィール

 


今回被害者として有名になってしまった
貴大将について簡単なプロフィールを紹介します。

名前:貴大将柊斗(たかたいしょうしゅうと)
本名:松木柊斗(まつきしゅうと)
生年月日:1995年6月15日
出身:東京都中央区
身長:174cm
体重:119kg
所属:貴乃花部屋→千賀ノ浦部屋

 

身長は力士としてはそんなに高くありませんが
筋肉質な体型甘いマスクで人気急上昇中!

名前からも分かる通り
もともとは貴乃花部屋に所属
先輩である「貴ノ岩」の付き人の役も
担っていたそうです。

それが今回はその「貴ノ岩」に暴行を受けたとして
一躍有名になってしまいました・・・

まだまだ23歳という若さですから
この騒動に負けずに本業の相撲の方で
活躍して欲しいものです。


それにしても
貴大将はその場から逃げてしまったのが
いけなかったですよね・・・
まあ何よりも悪いのは「貴ノ岩」ですが・・・

母のいとこが松木安太郎。曽祖父が力士だった!

そんな貴大将ですが
ツイッタープロフィールから本名は「松木」といって
あのサッカー解説者の松木安太郎さんが親戚だとか。

その話題性と将来性が期待され
入門してすぐに取材を受けたのだそうです。

名前は「柊斗(しゅうと)」で、母のいとこがサッカーの熱血解説でおなじみの松木安太郎氏。
「サッカー」に取り組みやすい環境だったが、ここまでの道のりは相撲ひと筋だった。
小学校4年の時に周囲の誘いで初めて出場した中央区の相撲大会で優勝。
都大会で敗退しても相撲への情熱は深まっていく一方で、道場などに通ってプロ入りを目指した。

曽祖父の松木喜一郎さんは大正時代に「葵龍(あおいりゅう)」のしこ名で十両に昇進。
十両を通算6場所務めた。その遺伝子を受け継ぐ安太郎氏は「祖父は小兵力士で活躍。
身内から、3代後に力士が誕生したのは本当にうれしい。角界は大変な時期ですが
これからは若い人たちが新しい相撲界をつくっていってほしいし、その一員になってくれれば」と期待を寄せる。
松木を預かる貴乃花親方は「こういう時期に入門してくれるのはありがたい。(安太郎氏の親族で)
重圧もあるかもしれないが、人間性を向上させ、ボランティア精神を持てる子に育てたい」と話した。

スポニチアネックスより

松木安太郎さんもかなり応援していたみたいで
そのつながりで小さな時からいろんな関係者に
かわいがられていたとか。

実家の鰻屋の場所はどこ?食べログの評価がスゴイ!

あの立派な体格はうなぎのおかげ?!

あのたくましい体格はうなぎのおかげだったのか?
実家である小伝馬町のうなぎ屋さんについて調べてみたところ
近三(きんさん)」というとても有名なお店らしく

あの食べログの評価も「3.57」とかなりのもの!
一度食べに行ってみたいですね(^^)

関連ランキング:うなぎ | 小伝馬町駅馬喰横山駅馬喰町駅


歴史があるお店でメニューも豊富!
いろんな有名人や貴大将も訪れるとか。

今回の件でこのお店も取り上げられるでしょうから
混雑必至ですね。

家族としては複雑な心境でしょうね・・・

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です