「ご飯論法」の意味とは?流行語大賞に選ばれた理由は?審査員は誰?

こんにちは、ロメシです。

今年も「流行語大賞2018」が発表され
平昌オリンピックで銅メダルを獲得し話題となった
カーリング女子日本代表チームの「そだねー」が
大賞に選ばれました。

他にも今年の世相を表すような流行語の数々で
まだ1年も経っていないのにどれも懐かしく感じましたが
ひとつだけ「」と思うものがありました。

それは「ご飯論法」という流行語?です。
皆さんはご存知でしたか??

そもそもそのジャンルさえもわからず
不思議に思った方も少なくないと思います。

そこで今回は「ご飯論法」のことについて
調べてみました!

「2018ユーキャン新語・流行語大賞」トップ10が発表!

「ご飯論法」ってどんな意味?

この話題がでてくると「あー年末だなー!」って
いつも思います。

私が個人的に「本命」だと思っていた
尾鼻春夫さんの「スーパーボランティア」
ご自分で辞退してみたいですね・・・
なんだか尾鼻さんらしいですね(^^)

スーパーボランティア 尾鼻春夫さん 情熱大陸出演決定!家族がいることが判明!


 

やっぱり「ご飯論法」だけわからない・・・

・そもそも誰かが言い放った言葉なのか?
・ 何かの事件に関連しているのか?
・ドラマか何かの「フレーズ」か?

なんていろいろ考えてみましたが
やはり意味不明・・・
ということでスマホでチェックしてみました!

すると・・・

なんともイライラするやりとり・・・
しかも!

税金をつかって開催している国会での出来事って
言うじゃないですか!
こんなことが日本の国会で繰り広げられてるかと思うと
日本の恥じですよね。

 

でも知らなかった私も恥じ??
発案者の上西充子教授はこんなコメントをしています。

もっともなご意見です・・・
私も政治の勉強に勤しみます!

「ご飯論法」がなぜ選ばれたのか?審査員も調査!

流行語大賞に選ばれた驚きの理由は?

まず流行語トップ10が発表された時に
「ご飯論法」が意味不明すぎて逆に話題になりました!

やっぱり私だけじゃないんですね^^;
安心して胸をなでおろしました。

そもそも流行語大賞って
審査員が独断と偏見で選ぶものがあるみたいで
最近では「政治批判」の流行語が流行のようです(^^)

2015年の「アベ政治を許さない」
2016年は「日本死ね」
2017年は「忖度(そんたく)」

と批判的な言葉が選ばれていますね。

そして今年も政治批判的な言葉を探したんでしょうね。
ただインパクトに欠ける言葉が多かったのか?
それとも誰か見当違いな審査員がいたのか?

例年に比べるとかなりインパクト小
言葉が選ばれてしまいました・・・

審査員は誰なのか?

こんな言葉が選ばれてしまうなんて
どんな勘違い審査員がいるのだろう?と
調べたところそうそうたるメンバーでした!

  • 姜尚中(東京大学名誉教授)
  • 金田一秀穂(杏林大学教授)
  • 辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)
  • 俵万智(歌人)
  • 室井滋(女優・エッセイスト)
  • やくみつる(漫画家)
  • 清水均(『現代用語の基礎知識』編集部長)

 

こんな豪華な審査員とは知らず
生意気なコメントしてしまい
みなさんごめんなさいm(_ _)m

いやー素晴らしい選出だと思いますよ!!!
ってもう遅いですよね・・・

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です