大塚愛の『あっかんべ』の歌詞が恐怖!江夏詩織の嫌がらせの内容が?!

こんにちは、ロメシです。

昨年4月に不倫報道があったリップスライムのSUさんと
歌手の大塚愛さんが離婚したとの報道がありました。

最近は芸能人だけでなく一般人でも
不倫や離婚は身近になっており
あまり驚きませんでしたが

不倫相手の江夏詩織さんから大塚愛さんに
数々の嫌がらせがあったようで
その内容が驚愕!

そしてその報復なのか
大塚愛さんが発表した『あっかんべ』という
歌の歌詞がまた意味深で話題になっています。
ということでそのうたのついて調べてみました!

【恐怖】江夏詩織の嫌がらせ&匂わせ画像。大塚愛と同じポーズ?!


『あっかんべ』の歌詞の内容は?

今年7月にリリースされた「あっかんべ」ですが
下記のような歌詞になっていてとても意味深なんです^^;

「泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて」

大塚さんも不倫が発覚したからこうして
何度も泣いたんでしょうね。

きっとこんな簡単には表せないくらい
つらい思いがあったのだと思います。

「嫌がらせしてくるような あの子はいらない 人生にいらない」

まさに江夏さんへの恨み節!
そう聞こえますよね。

「真夜中のインターホン お化けじゃあるまいし ある意味お化けだし 白のスカートって」

これを聞いた時ゾッとしました。
これが脚色ではなくリアルな歌詞でしたら
江夏さんにドン引きです・・・

「うまくいっていたはずだよ、気のせいだったのかな」

これは元夫のSUさんへ向けたメッセージでしょうね。
大塚さんが家でSUさんの帰りを待っているという
そんな情景が浮かんできます。

「理不尽なんですよね どっちかっていったらとても あなたは最悪です」

SUさんに対してもう期待はしない!
って吹っ切れたような歌詞ですよね!
こうなった時の女性はホントに強いです(^^)

「じゃあね」

この歌を完成させることで
人生の大きな決断をしたように感じました。

まとめ

ということで「あっかんべ」の歌詞について
勝手に妄想させていただきました^^;

大塚さんが思っていることとは違うかもしれませんが
この記事は私の個人的な見解ということで
流していただければと思います。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

江夏詩織(SUの不倫相手)の大塚愛への嫌がらせが被害届レベル!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です