老人ホーム「風の舞」で入居者6人死亡の原因は?介護職員が全員退職の理由は?

こんにちは、ロメシです。

鹿児島県鹿屋市の住宅型有料老人ホーム「風の舞」
入居者が1ヶ月の間に6人死亡するというニュースが
報道されました。

ということでこの話題のニュースについて
さらに調べてみました!

老人ホーム「風の舞」死亡した入居者6人の原因(死因)は?

 

いくら高齢者とはいえ1ヶ月で6人が亡くなることは
不自然ですし、またそれにかかわった介護職員は
全員退職したとの報道がさらに怪しさをかもしだしています。

11月上旬、鹿児島県などに寄せられた匿名の通報。
「鹿屋市の住宅型有料老人ホームで、入居者が亡くなっている」。
複数回にわたる通報を受けて
16日、鹿児島・鹿屋市にある住宅型有料老人ホーム「風の舞」に
県と市が立ち入り検査を実施した。

すると、10月中旬からおよそ1カ月の間に
6人の入居者が相次いで死亡していたことがわかり
21日午後、「風の舞」の波江野院長が会見を行った。

会見の中で院長は6人の死因について話しています。

老衰が2名
・心不全が85歳
・誤嚥(ごえん)されたのが86歳
・消化管出血が88歳
※もうひとりはの死因は発表されず。

波江野院長は、「適正かと言われれば、適正ではなかったのかもしれませんね。
人がいないわけですから。因果関係という形で言えば、僕は全然ないと思います」
と話した。院長は、入居者の死亡と介護者の退職に因果関係はないという認識を示した。

とありますが
亡くなった6人は全員85歳以上の女性
そのうち4人は、11月上旬の3日間で死亡しているので
介護体制に問題がなかったのか疑問ですよね。

老人ホーム「風の舞」介護職員が全員退職の理由について

「風の舞」の場所はコチラになります。

報道の中では35人の入居者に対して
合計8名の介護職員で診ていましたが
介護職員8名全員が事件前に退職。

その理由は

・賃金面での不安
・内部的なトラブル

とのことですが真相はまだわかりません。
何か闇に隠れているようにも感じましたが
みなさんはどのように思ったでしょうか?

まとめ

介護職員の給与は全産業の平均と比べると
年収で100万円くらい届かない状況でして
なかなか採用が難しいのがこの業界なんでしょうね!

ひとつのホームや法人がいくら頑張っても
限界がありますからね。

やはり国がもっと危機感をもって
介護というものに真剣に向き合っていかないと
介護の未来は暗いものになるでしょう・・・

 

最後まで読んできただき
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です