貴乃花親方引退!新団体設立?重病?政治家?離婚?本当の理由は?【後半】

いろいろな噂が絶えない貴乃花親方ですが、引退後も「話題性」はバツグンですから、関係各所から引っ張りダコでしょうね。

ロメシもどんなステージで活躍されるか、今からその動向が楽しみです。

そんなところで【後半】にいきたいと思います!

※【前編】はこちら

貴乃花親方引退!新団体設立?重病?政治家?離婚?本当の理由は?【前編】

 

政治家へ転身?相撲協会を根本からぶった切る!

 

こちらは、まだ引退を発表する前の2018年5月のニュースです。

春場所中の愛弟子の暴行騒動により、理事長どころかヒラ年寄にまで失墜した貴乃花親方(45)。「一兵卒」としての出直しを余儀なくされた平成の大横綱に、まさかの仰天転身情報が飛び込んできた!

「6年ぶりに審判部に復帰しましたが、これは八角信芳理事長(54)が『お客さんに人気がある』からと場内で取組の審判を行う花形職を用意したものです。もっとも、直属の審判部長にはお目付け役として元一門の阿武松親方を置き、貴乃花親方の不穏な動きを徹底管理する構えです」

と、現在の状況を説明するのは、スポーツ紙相撲担当キャップである。

もはや相撲協会内でも、不遇なまま一生を終えかねない大横綱。そんな貴乃花親方に政界から思いもよらないアプローチが届いているというのだ。政治部デスクが打ち明ける。

「実は、貴乃花親方を来年の参議院選に担ぎ出す動きが出ているのです。擁立を検討しているのは、スポーツ議員連盟の関係者です。スポーツ振興のための有力なタレント候補の取り込みも話題になっている。その候補としては、青学陸上部の原普監督(51)、そして目玉候補として名指しされたのが、貴乃花親方なのです」

出典:niftyニュース

一世一代の大勝負と出るのか楽しみでしたが、この報道が出てから「政治家転身!」といった話題は全く聞かれなくなりました。話題性としては十分ですし、きっと声がかかってもおかしくないと思いますが、「貴乃花親方=政治家」というイメージがつきませんし、もし実現するとしても、まだまだ先の話になるでしょうね。

 

妻・景子さんと離婚?!別居状態が続いているとの報道も!

 

まさかとは思っていましたが、このような噂があるようです・・・

《生きてますよなかなか死ねないです》──貴乃花親方(46才)から受け取ったメールを川崎麻世(55才)がブログで明かしたのは、8月25日のことだった。親方とは8年来のつきあいである川崎は、緊急搬送の報道を見て心配になり連絡を取ったという。

 その4日前の21日、貴乃花親方は夏巡業先の秋田県で倒れ、地元の病院に運ばれていた。24日に都内の病院で検査を受けた結果、心臓や脳などに問題はなかった。しかし、運ばれた時にはけいれんを起こし、意識不明の状態だった。

 川崎は《冗談混じりで貴ちゃんらしく安心した》とブログでつづったが、貴乃花部屋の関係者たちは件のメールを“冗談”と笑い飛ばしにくい状況にある。

「昨年の秋、貴乃花親方はモンゴル人力士の間で起きた暴行問題をめぐって相撲協会に反旗を翻しました。今年2月には閉鎖的な協会の改革を目指し、相撲協会理事候補選挙に立候補しています。けれど、結果は惨敗。その上、一門も消滅。さらには靴職人兼俳優の長男・花田優一さん(22才)が対立する親方の娘との離婚危機を報じられるなど、災難が続いています。さまざまな心労が重なったことが倒れた原因かもしれません」(相撲関係者)

 貴乃花親方の“四面楚歌”ぶりは、妻の景子さん(53才)の言動からも浮き彫りになっている。

「景子さんは、“病院には部屋の若い人たちが行けばいい。私はほかに用事があるから”と言って、病院に行くつもりはなかったようです。ご自身の講演会などで忙しくされていますし、親方は自分で対応できると考えているのでしょう」(花田家の知人)

 この知人によれば、貴乃花夫妻は今、「実質的に別居状態にある」という。

「最近、親方は貴乃花部屋に引きこもるように弟子たちと寝食を共にしていました。しかし、景子さんは時折、部屋に顔を出すものの泊まりはしません。一連の親方の“戦い”につきあう中で、疲れ果ててしまったのでしょう。今では親方のやることに放任、悪く言えば“シカト”している状態です」(前出・相撲関係者)

 本誌・女性セブンは、1人で車に乗り込もうとする景子さんを直撃したが、彼女は何も語らず軽く会釈しただけで走り去って行った。

 妻が見舞いに来ない病室で友人に《死ねない》とメールを送った貴乃花親方。その心中はいかばかりか──。

出典:女性セブン

こちらは写真つきで掲載されているところをみると、かなり信憑性の高い記事のようです。確かに最近は2ショットも見かけませんでしたし、景子夫人は最近、講演活動でひっぱりダコだというニュースで持ちきりです。

横綱日馬富士(33)の暴行事件は、被害者の平幕貴ノ岩(27)の師匠、貴乃花親方(45)の動向に注目が集まっているが、親方の妻で貴乃花部屋のおかみさんでもある元フジテレビアナウンサー、花田景子さん(53)は全国から引っ張りだこ。講演活動で飛び回っている。大相撲改革を掲げながら協会内で孤立無援といわれる夫を鼓舞する“内助の功”とは。 

夫が苦境に立たされる中、景子さんは九州場所中の23日にも愛媛県西予市で講演を行っていた。地元紙によると、「連日の報道は本筋とずれているような気がする」と訴え、暴行問題について「たくさんお話ししたいことはあるが、警察にも言われており、コメントは控えている」と説明したという。

 最近の貴乃花親方は子供に写メを送るなど普段と変わらない様子だそうで、「渦中の人とは思えない」とか。

 景子さんは九州場所初日前日の11日にも茨城県東海村、日馬富士の暴行が発覚した14日には北海道北東部の遠軽で講演。18日は栃木市、23日の西予市をへて、25日には埼玉県熊谷市と場所中も全国を飛び回った。千秋楽の26日には福岡の貴乃花部屋宿舎に戻り、九州場所の打ち上げ会に出席したが、12月2日には景子さん自身の出身地である宮崎でも講演が予定されている。

 タイトルも「相撲に見る、日本人の心」「母として、妻として、女将として」「心をつかむコミュニケーション術」などバラエティーに富んでいる。「体の大きい人がいましたら、貴乃花部屋までご一報ください」と新弟子募集のPRをすることも忘れないという。

貴乃花親方が孤立しているように感じますね・・・

まとめ

  • 引退記者会見の中では、その理由を「相撲協会の重圧」と語っていたが・・・
  • 新団体設立説 → これを早くから予言していた方の内容はとても興味があるが、本人は否定している。
  • 重病説 → 公式な報道はないが、一時的に意識がない状態で救急搬送されたのは事実。
  • その1週間後には喫煙している姿が目撃されており、ヘビースモーカーは健在。
  • 政治家転身は一度噂になったが、その後の進展はない様子。
  • 景子夫人は講演活動で忙しく、夫婦のすれ違いはあるようで、可能性は高い。

 

いろいろとまとめてみると、貴乃花親方にとってあまりいいニュースでないものばかりとなってしまいましたが、個人的には、新団体設立をして、今の相撲協会に立ち向かって欲しいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です