芸人ハナコ KOC優勝 犬のコントがヤバイ!年収・優勝賞金は?

昨日は、キングオブコント2018をガッツリ観ましたロメシです。

今大会で”彗星”のごとくあらわれ、11代目の王者になった「ハナコ」についてまとめてみました!

松本人志「将来楽しみ」 メンバー 菊田・秋山・岡部とは?

プロフィール

左から、菊田竜大・秋山寛貴・岡部大

 

 

  • 菊田竜大(きくた たつひろ 1987年6月12日(31歳) – )
    千葉県出身
    身長176cm
    血液型B型
    法政大学卒業
  • 秋山寛貴(あきやま ひろき 1991年9月20日(27歳) – )
    岡山県出身
    身長163cm
    血液型O型
    岡山県立総社南高等学校(普通科美術工芸コース)卒業
  • 岡部大(おかべ だい 1989年5月30日(29歳) – )
    秋田県出身
    身長173cm
    血液型O型
    秋田県立秋田高等学校、早稲田大学卒業。早稲田大学お笑い工房LUDO出身。
    出典:Wikipedia

年齢も出身もバラバラなのに、結成4年目で息のそろったコントは圧巻でした!

大会の概要

今回は、決勝の出番までファイナリスト10組が隠されるルールで行われ、放送中にファイナリストである、やさしいズ、マヂカルラブリー、ハナコ、さらば青春の光、だーりんず、チョコレートプラネット、GAG、わらふぢなるお、ロビンフット、ザ・ギースの10組が明らかに。

審査員は例年通り松本人志、さまぁ~ず、バナナマンが務め、決勝のファーストステージで10組、その中から得点上位の3組をファイナルステージで審査した。

今回優勝を果たしたハナコは、飼い主・秋山寛貴にじゃれる犬・岡部大の暴走ぶりが印象的なコントで、松本93点、大竹94点、三村90点、日村94点、設楽93点の合計464点を獲得し1回戦を突破。

そして、ファイナルステージでは高校生の淡い恋愛模様をコミカルにしたコントを披露し、松本95点、大竹96点、三村90点、日村94点、設楽97点の合計472点を獲得し、総合計936点で11代目王者の座を獲得した。

出典:ザ・テレビジョン

ロメシ的にも、圧勝だと感じました!

そして、優勝後のインタビューでは・・・

賞金1000万円の目録とトロフィー受け取った。秋山寛貴(27)は「勝とうということで1年頑張ってきた。決勝初めてで、決勝の時点で夢のようで実感がわかない」。リーダーの岡部大(29)は「誰よりも楽しもうと決めてきた。楽しくコントできて、お客さんや審査委員長にも伝わったんじゃないかな」。菊田竜大(31)は「緊張しすぎて体調が悪かった。優勝って言われて、より調子が悪いです」と、終了後の囲み取材で優勝の喜びを語った。

ファイナルステージで女子高生に扮(ふん)した秋山が菊田に追いかけられるコントを披露した際には、審査委員の松本人志(55)が「4年目でこのレベルはなかなか。優勝しなくても、将来が楽しみ」。バナナマンの設楽統(45)も「マジで面白い。思っている以上にヤバイと思います」と絶賛した。

ハナコのトリオ名は秋山が老若男女に覚えてほしいという願いで付けたのが由来だという。今年、所属事務所が開催した「ワタナベお笑いNo.1決定戦2018」、「お笑いハーベスト大賞」で優勝するなど、勢いに乗っており、今回で3冠目の獲得となった。

なお、2位にはチョコレートプラネット、3位にはわらふぢなるおが入った。

出典:日刊スポーツ

今年はノリノリですね!明日からはテレビのオファーが殺到でしょう。

年収はいくら?優勝賞金は1000万円だけじゃない!?

優勝賞金1000万円の使いみち

キングオブコントの11代目王者となったハナコですが、優勝賞金1000万円に関しては・・・

優勝賞金の1000万円は3等分するといい、使い道を質問されると、秋山は「お笑いの収入がまだまだでバイトしている」と、築地の塩屋さんで働いていることを明かし、「バイト先のシャッターがぼろいので買い替えたい」。岡部は「犬が大好きなので、出会いがあれば犬飼いたい」。菊田はボケらしく「忙しくなると思いますけど、ちょっとお休みいただいて海外旅行に」と話し、笑いを誘っていた。

出典:日刊スポーツ

実はハナコの3人、今年に入ってから・・・

  • 2018年2月19日に決勝大会が開催された「ワタナベお笑いNO.1決定戦2018」で優勝。
  • 2018年7月28日に本選会が行われた「お笑いハーベスト大賞」において優勝。
  • 2018年9月22日に「キングオブコント2018」において優勝。

とノリノリなんです!

 

で・・・・気になる優勝賞金は・・・

  • 「ワタナベお笑いNO.1決定戦2018」   →  300万円
  • 「お笑いハーベスト大賞」       →  50万円
  • 「キングオブコント2018」      →    1000万円

合計= 1350万円 ですよ!!!

人生変わっちゃいますね!

今までの年収は?

今までの収入については、インタビューの中でこう話されています。

3人ともお笑いの仕事だけでは生活できず、アルバイトで生計を立てている。秋山が「お笑いの収入は、平均して月に1~2万」と話すと、岡部は「先月は恥ずかしい話、0円でした。給与明細が届かなくて、事務所に問い合わせたら『0円の月は出さないです!』と言われた」と明かした。

秋山と岡部は築地市場でアルバイト。秋山は塩や砂糖を扱う店。岡部は寿司屋で週3~4回働いている。菊田は「企業のデータの打ち込みの仕事をしている」のだという。

出典:東スポWeb

苦労がにじみ出ていますね・・・

まとめ

  • キングオブコント2018で優勝。審査員からも絶賛される。
  • これ以外にも、今年に入ってからいくつかのお笑いコンテストで優勝している
  • その合計優勝賞金は1350円ほど!
  • 今までの収入は、月平均1~2万円

これからしばらくは、テレビにひっぱりダコで大忙しになるでしょうね。

最近多い、一発屋にだけはならないで欲しいものです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です