羽生結弦 プルシェンコ氏もウィアー氏も絶賛!?今季初戦SP首位発進!!

いよいよフィギュアスケートのシーズンが開幕しましたね!

今シーズンももちろん、羽生結弦選手を中心に話題になりそうですが、高橋大輔選手の復帰にも期待したいと思います。

しかし、羽生選手を見るたび、日本人として誇りに思うと同時に、手足の長さの違いにガッカリするロメシです・・・あっ?!グチっちゃってすいませんm(_ _)m

今回は、羽生選手の衣装や音楽などをまとめてみました。

 

SPのテーマ曲 「秋によせて」ジョニー・ウィアー氏も絶賛?!フリーの曲は?

SPは首位発進 大人の色気を感じる圧巻の演技!

 

フィギュアスケート男子で五輪2連覇の羽生結弦(23=ANA)は、平昌冬季五輪以来初の実戦となるオータム・クラシックの男子ショートプログラム(SP)に臨み97・74点で首位に立った。ブルーを基調とした今シーズンの衣装を初披露した羽生は、幼い頃に憧れていた元全米王者のジョニー・ウィアー氏(34)が2004~2006年にフリーで使用した「秋によせて」で演技。

最初の4回転サルコーを決めて順調に滑り出すと、4回転トーループ―3回転トーループの連続ジャンプもやや乱れたものの着氷、最後は美しいステップを見せて貫禄の首位発進を決めた。

車俊煥(韓国)が90・56点で2位、ジェーソン・ブラウン(米国)が88・90点で3位だった。

出典:スポニチアネックス

https://twitter.com/yuzu1207_s/status/1043221801331871744

首位発進とはいえ、羽生選手としては納得の演技ではなかったでしょうね。また悔しそうな表情がファンのココロをくすぐるのでしょうね。

テーマ曲は「秋によせて」

今シーズン、ショートプログラムのテーマ曲は、幼い頃に憧れだった元全米王者 ジョニー・ウィアー氏が2004~2006年にフリーで使用していた「秋によせて

ウィアー選手も、羽生選手に劣らず、美しい演技ですね!

 

明日のフリーはプルシェンコ氏の伝説の曲

気になるフリーの曲は・・・

22日(日本時間23日)のフリーは「Origin」で、こちらも羽生が尊敬するエフゲニー・プルシェンコ氏(35)の伝説的なプログラム「ニジンスキーに捧ぐ」で使用された曲をアレンジしたものとなる。

出典:スポニチアネックス

羽生選手のオリジナルの曲は毎回楽しみです!

また新たな伝説が生まれるのでしょうね。

 

新衣装はブルーが基調!中学1年生からオリンピックまで 過去の衣装のまとめ

新衣装を初披露!

https://twitter.com/yz__cem/status/1043225013573189632

ロメシとは20歳近く年が離れているのに、なんですかこの「大人の色気」・・・

ますますジェラシーです!

 

過去の衣装の変遷

特に印象的な衣装をまとめてみました!

 

2007~2008

「火の鳥」

「エキシビジョン」

まだ幼さというより幼い!

 

2009~2010

「ミッション・インポッシブル2」

これで中学3年生ですからね!

 

2013~2014

「パリの散歩道」

オリンピック金メダルをとった演技です!

 

2017~2018

「SEIMEI」

記憶に新しい作シーズン。これで2度目の金メダル!

こうして見てみると、どんどん進化してきているがわかりますね!

 

まとめ

  • 今シーズン初戦のSPは首位発進!
  • SPのテーマ曲は「秋によせて」。もと全米王者が使用していた曲。
  • フリーの曲は尊敬していた、プルシェンコ氏が使用していた曲をアレンジしたものになる。
  • 新衣装はブルーが基調。

 

演技だけでなく、衣装までもがどんどん進化してきている羽生結弦選手

今シーズンも演技や衣装から目が離せません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です