スーパーボランティア 尾鼻春夫さん 情熱大陸出演決定!家族がいることが判明!

ボランティアといえば、月に何回か管理人さんと、近所を掃除するくらいのロメシです。

果たしてコレがボランティアと言えるのでしょうか・・・

こちらは同じボランティアでも「スーパーボランティア」と呼ぶにふさわしい方ですよね!

そう!捜索ボランティアの尾鼻春夫さんです。そんな尾鼻さんがなんと!「情熱大陸」で特集されるということを知り、いても立ってもいられず記事を書いちゃいました。

さあ葉加瀬太郎さんの音楽が流れてきたところで、さっそく始めたいと思います!

 

尾鼻春夫さんの経歴 「スーパーボランティア」は流行語大賞にノミネート!?

 

プロフィール

本名:尾畠春夫(おばなはるお)

年齢:78歳

出身:大分県速見郡日出町

職業:元建設作業員だがおそらく現在は無職?

活動:災害ボランティア歴7年以上・山道清掃ボランティア歴23年以上

功績:遭難者救助によって大分県より表彰

今回、9月23日(日)の「情熱大陸」で特集されるといいますから、今まで謎な部分が多かった尾鼻さんですが、色んな情報が入ることで、またファンが増えるでしょうね!

そして巷では、この「スーパーボランティア」という言葉が、年末の流行語大賞にノミネートされるのではともっぱら話題です!暗いニュースが多い中、とても嬉しいニュースですね!

でもこんなに話題になっても、きっと尾鼻さんの生き方は全く変わらないのでしょうね!

西日本豪雨で大きな被害を受けた広島県呉市天応地区。被災地の復旧を手伝うボランティアの中に、一際目立つ男がいた。赤いつなぎに、「絆」と書かれたヘルメット……今年8月に山口県周防大島町で行方不明となった2歳児を発見し、一躍時のひととなったボランティアの尾畠春夫がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、9月23日夜11時~11時半)に登場する。

出典:毎日新聞

 

藤本理稀ちゃんの発見だけじゃない!東日本大震災や熊本地震でも大活躍!

 

情熱大陸の内容

気になる「情熱大陸」ではどんな尾鼻さんが見られるのでしょうか。

西日本豪雨で被害を受けた広島県でのボランティアに密着。

尾畠が現場に入ると、空気が変わる。天応地区には、氾濫し流れ込んだ土砂が今なお残ったままの家屋も多いが、率先して床下へもぐり込み、ヘドロとなった土砂を泥まみれになって次々とかき出す。また、被災者に寄り添うようにして声をかけ要望を聞き出し、仲間たちに作戦を指示。時には、経験が浅く動きが硬いボランティアを得意の冗談で和ませる。さらに毎朝午前9時に始まる一般のボランティア活動の前にも独自の活動を続けていた。早朝午前6時、たったひとりで向かった現場とは……。

ボランティア仲間のひとりはそんな尾畠を「神」のようだといい、取材した被災者も「尾畠がいると、現場が活気づく」とその独特の存在感に驚きを隠せない。

大分県の地元では人気店だった魚屋を65歳で畳んだ尾畠。世の中に恩返しをしたいと今はボランティアにのみ専念する。活動資金は年金収入だけ。お礼は一切受け取らず、節約を心がけ車中泊をしながら全国の被災地を回っている。2011年の東日本大震災の際は、南三陸で500日もわたって活動した。

番組では被災地での活動に加えて、大分県の自宅も取材。束の間の休息日、バイクで30分走り、無料の露天風呂で疲れを落とす。そんな尾畠のもとには来客が絶えず、中には人生相談をしに訪れるひとも。身長161センチ、小柄な体からは絶えず前向きなエネルギーを発し続ける78歳は、一体なぜここまでボランティアに打ち込めるのか? 原動力は何なのか? 密着を続ける中で、「これまで他の取材では話したことがない」という長年、秘めたある思いを口にし始めた。

出典:毎日新聞

実際にお会いしたら、『』と言われるゆえんがきっとわかるのでしょうね!

 

家族は妻と長男・長女・孫が5人と判明!そして藤本理稀ちゃんの今は?

 

災害があるところに尾鼻春夫あり!』といっても過言ではないほど、精力的にボランティアをされているのが伝わってきましたが、気になるのは家族はいるのか?奥さんは?お子さんは?

そして気になる、藤本理稀ちゃんの今を追ってみました!

 

尾鼻春夫さんの家族

精力的に災害地へ出向く尾鼻さんですが、家族の方はさぞかし心配なことでしょう。そしてその活動をどのように思われているのでしょうか?

これについては、「情熱大陸」の中で明らかになるようです。

<プロフィル>尾畠春夫(おばた・はるお) 1939年大分県生まれ。小学校5年生の時に母を亡くし、農家に奉公に出る。中学校は3年間のうちの4カ月しか通えなかったという。別府市や山口県下関市、兵庫県神戸市の魚店で修業を積み、東京都大田区で鳶と土木の会社で資金を貯めた後、1968年に大分に戻り魚屋「魚春」を開業。地元の人気店だったが65歳の時に惜しまれながら閉店し、以後ボランティア活動に専念する。趣味は40歳からはじめた登山。妻と48歳の息子、45歳の娘、孫5人。取材ディレクターに対しても「360度何を撮っても良いよ」とサービス精神旺盛な78歳。

出典:毎日新聞

妻と48歳の息子、45歳の娘、孫5人」・・・

いまのところ、この情報しかわかりませんが、23日の放送が楽しみですね!

藤本理稀ちゃんの現在は

こちらはいろいろと調べましたが、ネット上では見つかりませんでした。

便りがないのは良いたより」という言葉を信じて、そして元気にすくすくと育ってくれていることを祈りましょう!

 

まとめ

  • スーパーボランティアの尾鼻春夫さんが「情熱大陸」で特集される。
  • 78歳にして、災害があるところに出向き、ボランティアを率いている。
  • 奥さんと一男一女、孫が5人いることが判明。番組の中で明らかに!?

 

今年は特に、全国で災害が多い年だったように感じましたが、きっとそこには「スーパーボランティア」の姿があり、被災された方たちを勇気づけてくれたことでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です