長嶋茂雄氏、現在の容態は?長女や次男の画像は?夫人は自殺だった?

子供の頃から野球が好きで、大のジャイアンツファンのロメシです。
 
個人的には元監督の「原辰徳さん」が大好きでした。土壇場で同点ホームランを打ち、バットを放り投げるシーンは忘れられません! 引用:Youtube「原 バット投げ」
 
そんなジャイアンツファンにとって、心配なニュースが入ってきましたので、早速記事にしてみました。   
 

現在の容態はかなり深刻?周囲の状況に異変?入院先は?

 

最新の容態は?

 
8月の上旬に「ミスター緊急入院!」の一報があってから、情報が二転三転していましたが、ここに来てやっと正しい情報が入ってくるようになりました。
脳梗塞で一命をとりとめてから、14年。82歳になったミスターの状況は決して楽観視できるものではないようです・・・
 
7月上旬に高熱を腹痛を訴え入院した長嶋茂雄さん(82才)。胆のうの調子が悪く、8月上旬の段階では面会謝絶の状態だったという。現在は、長嶋さんの次女であるフリーキャスターの長島三奈(50才)や長嶋さんの現役時代から運転手を務める80才になる男性Aさんが懸命の看病を続けている。

ミスターの本当の容体はいかなるものか。関係者は「一進一退が続いている」と明かす。

「お盆のあたりは少し体調を持ち直し、ゼリーやおかゆが食べられるようになりました。もともと長嶋さんは食欲が旺盛でしたが、入院後はほとんど食べられなくなり“体力が落ちる”と不安でした。少しでも食欲が回復したので周囲は安堵していました」(球団関係者)

だが、お盆を過ぎた18日の夜、小康を保っていた長嶋さんの状態が急激に悪化し、関係者は凍りついたという。

「どうやら胆のうが悪くなったのではなく、併発した病気が原因で容体が悪化したそうです。内科だけではなく脳外科の先生も治療に加わったようで、脳に何らかの異変が生じた可能性もあります。

 
出典:NEWSポストセブン より
 
上記の情報をまとめると・・・
  • 8月上旬には「面会謝絶」だったこと
  • 少し体調を持ち直した状態で、やっとゼリーやおかゆが食べられる状況だった。
  • お盆過ぎに容態が急変して、周囲が凍りつく状況だった。
  • 胆のうだけでなく、脳外科までもが治療に関わる異変が生じた可能性がある。
 
誰がどう見ても、決して良い状況だとは言えないですね・・・
そして、この報道以降は新たな情報が入ってきていません。大スターであることや状況が良くないことから、「箝口令」が敷かれていてもおかしくないとは思いますが、情報がなさすぎるのも逆に心配になります。
「便りがないのが良いたより」であって欲しいものです。
 
 

周囲の状況にも異変?

またミスターを取り巻く周囲の状況も関係者にとっては異例づくしのようで、それがまた不安を煽っています。

家族、愛弟子、読売巨人軍……ミスターを取り巻く周囲の状況にも異変が見て取れる。何が起きているのか──。 ◆「回復コメント」に漂う違和感 都内にある大学病院の上層階の一室に、今も“ミスター”こと長嶋茂雄氏(82)の姿はある。入院生活は、すでに1か月超──。 長嶋氏が最初に体調の異変を訴えたのは、7月上旬のことだった。 「毎年7月、長嶋さんは北海道千歳市で行なわれる男子ゴルフツアー『長嶋茂雄招待セガサミーカップ』に足を運んでいました。最終日に会場を訪れて選手を激励し、表彰式に出席するのが恒例でしたが、今年は夏風邪を理由に欠席しました。同月、東京ドームで開催された都市対抗野球で快進撃を見せたセガサミーの応援にも姿を見せなかったことで、体調不安が囁かれるようになった。 プロ野球観戦も、5月には東京ドームでの巨人戦に3度も足を運んだのに、6月8日の交流戦(対西武)を最後に、観戦する様子が報じられなくなった」(スポーツ紙記者) 7月上旬に大事をとって入院すると、検査で胆石が見つかった。その容態を詳しく報じたのが8月9日発売の『女性セブン』だった。〈長嶋茂雄緊急入院!「懸命の病室」と「家族の相克」〉と題した記事で、胆のうの不調により、肌や目が黄色くなる「黄疸」の症状が出ていたことを報じた。記事には高熱とともに激しい腹痛に襲われた長嶋氏が、病院に運び込まれたとある。8月上旬の時点で病状は一進一退で、予断を許さない状況だと伝えられている。 巨人球団が、唐突にも思える「長嶋氏のコメント」を発表したのは、記事が出る前日のこと。内容は次のようなものだった。 〈大変ご心配をお掛けしました。おかげさまで回復しています。今は静養に努めながら、昼は高校野球、夜は巨人戦をテレビ観戦しています。山口俊投手のノーヒット・ノーランには心が震えました。内海、吉川光、メルセデスの左腕3投手による対DeNA戦3連勝には元気をもらいました。チームは苦しい状況ではありますが、優勝をあきらめずに最後まで頑張ってほしいと思います〉 長嶋氏は、2004年に脳梗塞で倒れたことがあるだけに、快方に向かっているという発表に安心したファンは多いだろう。ただ、詳しい病状を報じる記事が出る前日に出されたコメントの内容に、違和感を拭えないとの声もあった。 「選手の個人名を出して、最近の成績にまで具体的に言及しているのが、不自然に感じられた。逆に体調を心配してしまう」(前出・スポーツ紙記者) しかも、回復コメントの一方、それ以降の長嶋氏の容態はスポーツ紙はおろか、“所属元”の読売新聞でさえも報じられず、長嶋氏の姿も表に出てこない。 ◆「面会謝絶」の病室を訪れた人物 周囲の動きも不思議に映る。記念すべき100回目を迎えた夏の甲子園で、開幕試合(8月5日)の始球式を務めたのは、2013年に長嶋氏と揃って国民栄誉賞を受賞した愛弟子・松井秀喜氏(44)だった。 「2012年に現役を引退して以降も、松井はアメリカに生活の拠点を置いたままにしている。イベントなどで日本に帰国することはあっても、それを終えるとすぐに戻ってしまうのが常でした。それが今回は違い、始球式のあとに控えていた野球中継の解説やスポーツイベントへの出演が一段落しても、日本に留まっている。恩師の容態を心配してのことではないでしょうか」(同前) 松井氏の巨人入団当初、当時監督だった長嶋氏がマンツーマンで指導し、日本球界、そしてメジャーでも屈指の強打者に育て上げたのは有名な話だ。その松井氏が、普段と違う行動をとっていることを関係者が気にするのは、状況が状況だけに無理もないだろう。

出典:NEWSポストセブン より

 

ますます心配になってきます。

そしてここにきて、周囲だけでなく、家族にも異変が生じててきているとの情報もあるようです。

 

気になる入院先は?

もちろん混乱を避けるため、現在入院中の病院名は報道されていませんが、過去に脳梗塞のために入院した、「東京女子医大病院(東京都新宿区)」の可能性は高いでしょうね。

また以前、ミスターが体調不良を訴えて行ったことがあるという「日大板橋病院」の可能性も捨てきれません。

いずれにせよ、変なカタチで情報がもれて、混乱をきたさないことを祈ります。

家族はもっと異変?長嶋家の確執。長女や次男は?夫人との不仲は?

 

2004年にミスターが脳梗塞で倒れた後から、長嶋家の状況も一変したとの報道が多数寄せられています。そのことについてもまとめてみました。

長嶋茂雄が脳梗塞で倒れたことで、亜希子夫人との不仲が明らかになります。さらに、亜希子夫人が2007年心不全で亡くなった際、長嶋茂雄と4人の子供たちのぎくしゃくした関係や、子供同士の確執が表ざたになっていきます。長嶋茂雄は、よく言えば野球一筋、悪く言えば全く家庭を顧みなない夫・父親の典型でした。

長嶋茂雄には4人の子供がいます。長男は今もテレビタレントとして活動している一茂、次男は元レーシングドライバーで現在は環境問題の研究者という正興。長女は一般女性として暮らしている有希。そして次女は、元テレビ朝日のスポーツ記者でタレントの三奈の4人です。一茂が言うには、長嶋家は、長嶋茂雄が現役時代、家族団らんなどという時間は一度もなく、みんなバラバラであったそうです。

そしてここにきて、亜希子夫人が管理していた30億円にもおよぶ遺産管理や、長嶋茂雄という商標権をめぐって、長男の一茂と次女の三奈が、骨肉の争いを繰り広げています。一方、次男の正興は、一族の争いに関わることを避けてか音信不通状態。

また普通人で暮らしているはずの有希は、実は精神障害や薬物中毒であるといった噂が絶えず、唯一家族をつないでいた亜希子夫人が亡き後は、長嶋茂雄は、ただひとり孤独なのだとか。

 

一見何の不自由もなく暮らして来たように想像していた長嶋家も、やはりお金が絡むとうまくいかなくなるものなのですね・・・ミスターもうかばれませんね。

 

長嶋茂雄の長女有希さんや次男正興さんの現在は?【画像あり】

そんな超有名家族の中でも、一切メディアには出てこない長女の存在がまた、家族の異常さを物語っています。

長嶋家の今をみてみましょう。

長嶋茂雄さんの子供は2男2女で4人いらっしゃいます。

最初に生まれたのは一茂さん。その次が長女の有希さんになります。

そんな有希さんの現在ですが、2010年までは長嶋茂雄さんの商標や長嶋家の不動産など資産を管理する会社の「オフィスエヌ」に役員として所属されておりました。

ただ、2010年に次女の三奈さんに役員を解任されて以降、表の舞台には話題も一切出てきません。

その為2018年現在の長嶋有希さんが何をされているのかは不明です。

で、画像も調べてみましたが長女・有希さんで残っている画像はこちらだけになります。

長嶋茂雄さん、長男一茂さん、亜希子夫人、長女有希さん

 

そして次男の正興さん

長島正興さんのプロフィール

名前:長島正興(ながしま まさおき)
生年月日:1970年9月26日
出身地:東京都

d 
参照元:https://narrow.jp/talent/15275

一茂さんと似ていますね!
 
 

駒沢大学在学中にレーサーとしてデビューを果たす。その後、フォーミュラ・トヨタ、全日本F3選手権、全日本GT選手権などへ積極的に参戦し数々の優勝、入賞を飾るほどの実力へ。

なんと、1998年~2000年までは、アメリカのレースにも参戦しています。その後2001年に国内レースに戻ると、全日本GT選手権やスーパー耐久クラス3シリーズで優勝という快挙を果たします。

一説では、モータースポーツの分野なら、親 (長嶋茂雄)の威光が及ばず、自分の力だけでキャリアを積めると考えたからと言われています。

2008年にレーシングドライバーを引退して、環境に関する仕事に従事しています。主に、エコドライブの講習会や環境と車に携わる仕事のようです。元レーシングドライバーが話す車のエコ運転技術や環境問題など、かなり説得力ありますよね。

現在もこういった仕事をされています。

 

一茂VS三奈の確執とは?

 

また、長男である一茂さんと次女の三奈さんの間でも確執があるようですね。

それは長嶋一茂の個人事務所『有限会社ナガシマ企画』と次女三奈さんの『オフィスエヌ』も対立したそうです。

それは

『オフィスエヌ』が管理すべきところを、長嶋一茂が勝手に長嶋茂雄の商品を福井県の資産家に売っていたとしてケンカしていると噂されています。
当然、家族はその行為に反発をしたが、その直後、さらに問題が起きる。
三奈さんが代表をつとめる「オフィスエヌ」の「長嶋茂雄」の商標期限が切れたタイミングで、一茂夫人が代表を務めていた「ナガシマ企画」が「長嶋茂雄」の商標をオフィスエヌ」にことわりなく登録したのだ。
「長嶋茂雄商標登録問題」として知られるこの問題は、「オフィスエヌ」の猛抗議で弁護士同士の協議の後、「オフィスエヌ」に商標が戻される結果になった。

という形で争っていたそうです。

お金は人を幸せにもするし、不幸にもするんですね・・・

やっぱり最後家族を引き裂くのはお金の問題ということなのかもしれません。

亜希子夫人は自殺だった?11年前に他界されてからのいろんな噂

 

プロフィール

長嶋亜希子(ながしまあきこ)

氏名:長嶋 亜希子(ながしま あきこ)

旧姓:西村亜希子(にしむらあきこ)

生年月日:1943年1月5日

没年月日:2007年9月18日

田園調布雙葉中学校・高等学校在学中に、米国へ留学し、現地の高校、ミネソタ州の聖テレサ大学を卒業。そのため、英語・フランス語・スペイン語に堪能。読売ジャイアンツの終身名誉監督である長嶋茂雄夫人夫・茂雄の個人事務所である株式会社オフィスエヌの代表取締役を務めていた。

出典:http://ja.wikipedia.org

その当時、3ヶ国語も使えるとなると相当ですね。長嶋茂雄さんの夫人としてもその語学力は活かすことができたのでしょうか。

亡くなられた理由

 

死因が「心不全」と発表されているが故に、 
ネット上では「本当は自殺だったらしい」との怪情報が流れている。 

出典:http://s2ch.nonip.info

長嶋茂雄の夫人、亜希子さんの死因は心不全だそうですが・・・憶測では自殺だったのでは?と言われています。認知症だったなんて噂もありますが、正しい情報は得られませんでした。

でもこういう噂が出てきてしまうのは、大スターだからの所以なのでしょうね。

まとめ

  • ミスターの容態はかなり深刻な状態で、東京女子医大病院に入院していると思われる。
  • 子供は4人いる(ニ男二女)が、長女の現在は不明。かなりの確執がある。
  • 夫人の死因については「心不全」との報道があるが、亡くなれて11年経った今もいろいろな噂が絶えない。

 

こうしてまとめてみると、家族の確執や夫人の噂などに目がいきがちですが、今は家族みなでミスターの回復を祈って欲しいと思ってしまうのは、ロメシだけではないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です